ハスキーボイス 治す
ハスキーボイスを売りにしている歌手や
声優はいますが、ことクラシックとなると
そういうわけにはいきません。

 

なぜって?

 

それは声量が必要だからです。

 

オペラ歌手の方でハスキーボイスを売りに
している人は聞いたこと無いですし、
大きな会場だと声が遠くまで届かないですよね。

今回は、ハスキーボイスを気にしている
あなたに、どのようにしたらハスキーボイスが
治せるのかお伝えしていきます!



やることは簡単。


1分程度で出来ることを、紹介していきます!



スポンサードサーチ

ハスキーボイスとは?

ハスキーボイス (husky voice) とは、しゃがれた声、かすれた声の事。「嗄声」と似た言葉だが良い意味で用いられる。嗄声の一形態といえる。悪声の意味で使われることは少なく、「ダミ声」とは対照的である。

声の音色的な特色は声門閉鎖の具合と呼気の流れ方でおおかた決まる。ハスキーな声となり易いのは声門閉鎖が全辺に渡って均一で弱く、呼気が多いときである。さらにいえば、ある程度の声帯伸展があるほうがハスキーになりやすい。これらの条件を満たすときは声帯の表面が細かく振動しやすく、開閉が不規則になり、前述の声質が現れる。感覚的には、高めの音域で喉を「軽く」使い、息を流す発声である(必然的に、ハスキーボイスは高い声を出す人に多い。低音域はもともと倍音が多いのでハスキーボイスの区分は現れにくいが、エッジサウンド(エッジボイス、シュトローバス)の混じった声などがハスキーといわれたりもする)。
クラシックの発声のように、息を引いて大音量を出す場合はハスキーボイスにはならない。ポップスやロックでハスキーな声が多用されるのは、マイクロホンとアンプを使って音量を増幅するから可能になることである。

ウィキペディアより引用

 

簡単にまとめると
ハスキーボイスとは、息が漏れたような状態にあることです。



スポンサードサーチ

どうやってハスキーボイスを治す?

原因は上記の通り息漏れが多いことから
ハスキーボイスになっているので、
息漏れをしないようにすれば大丈夫です。

そのため、リラックスして
声を出すことも重要になります。

リラックスして声を出すためには
こちらを参考にしてください。

練習方法

  1. 唾を飲み込んでみます。
    (声帯部分を意識します)
  2. 飲み込んだと同時に『ン~』と発音します。

この練習は声帯をぴったりくっつける練習を
しています。負荷がかかりやすいので短い時間
の練習で終わるようにしてください。

はじめのうちは1分もやれば十分です。

慣れてきても2、3分でも十分すぎると思います。

気長にやっていくことがコツになります。
マイクを使えばハスキーボイスも味のある声で
いいですよね。

あの橋本環奈さんもハスキーボイスで悩んでいる?!

そういえば、橋本環奈さんもハスキーボイスで悩んでいるとのこと。

お時間があれば、彼女の歌声を聴いてみてください!



いかがでしたか?

橋本環奈さん自身は声について気にしているようですが
彼女の個性として十分、受け入れられると思います。

まとめ

なので、あなたはハスキーボイスのことを
悩んでいるかもしれませんが、

周りの人はひょっとしたら、
あなたの声を好きかもしれませんよ。



ただし、喉が痛いようであれば
一度、病院で診てもらってくださいね!




もっと自分らしい声にしていきたいあなた!
こちらの記事もぜひ読んでみてください。

横隔膜を鍛えてみたい方は

スポンサードサーチ

>>免責事項